イベントコードを追加する

Pinterest タグを利用できない国・地域からアクセスしているようです。Pinterest Business アカウントで Pinterest タグが利用できる国・地域をご覧ください。

詳細

イベントコードを使うと、お客様の Pinterest 広告がサイト上の特定のアクションに与えている効果・影響を測定することができます。コンバージョンキャンペーンやダイナミックリターゲティング広告など、特定のイベントを自動的に最適化するキャンペーンを開始する際にも必要となります。また、コンバージョンインサイトなどの場所にアクセスするためにもイベントコードが必要です。

ベースコードを追加したら、ウェブサイト上の特定のコンバージョンをトラッキングするイベントコードを追加することができます。ここで注意すべき点は、ベースコードを配置するのはウェブサイトの全ページで、イベントコードを配置するのは特定のコンバージョンをトラッキングしたいページのみということです。広告キャンペーンの目的ごとにそれぞれ異なるイベントコードが必要になります。たとえば、購入、カートに追加、登録は、コンバージョンの目的を実行する際に必要なイベントとなります。

イベントコードの種類

以下の表は、Pinterest タグでトラッキングできるイベントを示しています。これらを使用すれば、広告のターゲットとするオーディエンスを作成し、広告マネージャで関連するペイドおよびオーガニックのコンバージョンレポートを表示できます。注意:レポートはユーザー定義のイベントでは使用できません。

イベント 目的
Checkout トランザクションを完了したユーザーをトラッキングします。
AddToCart アイテムをショッピングカートに追加したユーザーをトラッキングします。
PageVisit 商品のページや記事のページなど、トップページを閲覧したユーザーをトラッキングします。
Signup 商品またはサービスに登録したユーザーをトラッキングします。
WatchVideo 動画を視聴したユーザーをトラッキングします。
Lead 商品やサービスに関心を持ったユーザーをトラッキングします。
Search あなたのサイトで特定の商品や店舗情報を検索したユーザーをトラッキングします。
ViewCategory カテゴリページを閲覧したユーザーをトラッキングします。
Custom 特別なイベントをトラッキングします。コンバージョンレポートに含めたい特別なイベントをトラッキングするには、このイベント名を使用します。
[User-defined event] オーディエンスのターゲティング目的でユーザーが定義して追加できるイベント。独自のイベントはコンバージョンレポートに使用できません。また、タグから渡された元のカスタムイベント名に空白となっているスペースがある場合、そのスペースは削除されます。

ウェブサイトにイベントコードを追加する

ベースコードをコピーしたときのウィンドウが広告マネージャで開いている場合は、画面のボックスの右下にある「続行」をクリックしてすべてのオプションを表示し、トラッキングしたいイベントの横にある「コードをコピー」をクリックします。

ウィンドウがすでに閉じている場合は、次の手順に従ってください。

  1. 以下の「例のリスト」から、ウェブサイトに追加したいイベントのコードをコピーします。
  2. イベントを追跡したいウェブサイトのページでコードを開きます。
  3. ページ上の <head> タグと </head> タグの間で、ベースコードの後方にイベントコードを貼り付けます。例の値は、自分のウェブサイトに合わせて適切な値に置き換えてください。こうすると、ページが読み込まれるたびにイベントが開始します。

注意:ユーザーがページ上で特定の行動(ボタンのクリックやフォームの送信など)をした後でのみ開始するイベントの場合、行動の結果イベントコードが開始するように配置されていることを確認してください。このようにコードを配置するには、ページ上の JavaScript コードの既存のイベントハンドラについて十分理解している必要があります。

イベントデータを追加する

イベントデータを含むオブジェクトを付加することで、特定のイベントに関する追加情報を提供することができます。オーディエンスターゲティングにはすべてのイベントデータを利用できますが、ペイドとオーガニックのコンバージョンレポートに対応しているのは value(値)および order_quantity(注文数)のイベントデータのみです。

イベントデータ サンプルの値 タイプ
value 100.00 数値(整数または少数)
order_quantity 1 整数
order_id 1234orderID 文字列(order_id はコンバージョン分析レポートに必須です)
product_name パーカーブーツ line_items の配列、文字列
product_id 1414 line_items の配列、文字列
product_category line_items の配列、文字列
product_variant_id 1414-Red line_items の配列、文字列
product_variant line_items の配列、文字列
product_price 99.99 数値(整数または少数)、line_items の配列、文字列
product_quantity 1 整数、line_items の配列、文字列
product_brand パーカー line_items の配列、文字列
promo_code WINTER10 文字列
property アスレタ 文字列
search_query ブーツ 文字列
video_title パーカーブーツのおしゃれなコーデ 文字列
lead_type ニュースレター 文字列
currency USD

次のいずれか 1 つの文字列:AED、AMD、ARS、AUD、AZN、BAM、BGN、BHD、BMD、BND、BOB、BRL、BSD、CAD、CHF、CLP、CNY、COP、CRC、CZK、DKK、DOP、EGP、EUR、FJD、GBP、GEL、GIP、HKD、HNL、HRK、HUF、IDR、ILS、INR、ISK、JMD、JPY、KGS、KRW、KWD、KZT、MAD、MDL、MOP、MXN、MYR、NOK、NZD、OMR、PAB、PEN、PHP、PKR、PLN、QAR、RON、RSD、RUB、SAR、SEK、SGD、THB、TRY、TWD、UAH、USD、UYU、VND、ZAR

注意:タグイベントに通貨を設定すると、Pinterest は広告主アカウントの通貨に合わせて為替レートを計算します。

IMG タグにイベントデータを含める

IMG タグは、ユーザーがブラウザで JavaScript を無効にしている場合の予備的手段となる Pinterest タグ内のコードの一部です。ユーザーのターゲティングをより有効にするために、IMG タグにイベントデータを含めることをおすすめします。JavaScript タグではなく IMG タグのみを使用することも選択できますが、その場合はコードから <noscript> タグを削除する必要があります。

value(値)と order_quantity(注文数)のイベントデータを動的に渡す

value(値)と order_quantity(注文数)はペイドとオーガニックのコンバージョンレポートに対応している 2 種類のイベントデータです。value(値)と order_quantity(注文数)をレポートに追加するには、動的に渡すことができます。動的な値は、サイトで実行されたアクションによって変わります。value(値)と order_quantity(注文数)を渡すことを選んだ場合、その方法はあなたのウェブサイトに固有の、売上の記録方法となります。一般に、ウェブサイトで注文される商品の値と数量は、注文ごとに違います。

JavaScript コールバック機能を渡す

イベントデータに加えて、関数 pintrk() にオプションの引数として JavaScript のコールバック機能を渡すことができます。これにより、タグに何か問題があった場合に追加情報が提供され、デベロッパーツールを確認することができます。このコールバック機能は、イベントトラッキングコールの関数 pintrk() がトリガーすると毎回実行されます。

コールバック機能には次の 2 件の引数を使用します。

function(didInit, error) {}
  • didInit:この最初の引数は真偽値を受け取ります。イベントトラッキングコールが正しく構築された場合は true(真)を返し、イベントトラッキングコールの作成中にエラーが検出された場合には false(偽)を返す設定になっています。

  • error:この 2 番目の引数は文字列を受け取ります。didInit が false(偽)を返した場合はエラーの内容を説明しますが、didInit が true(真)を返した時の文字列は定義されていません。

イベントコードの例

コンバージョントラッキングとコンバージョンレポートでは、イベントコードの 9 件のイベントタイプのうち 1 件を指定する必要があります。また、YOUR_TAG_ID を Pinterest コンバージョンタグ ID で置き換えることも必要です。以下の例に表示されている以外にも、イベントごとに任意の組み合わせのイベントデータを使用することができます。

ベースコードとイベントコードを組み合わせた例

ここではベースコードとイベントコードを組み合わせた例を示します。必ずベースコード、イベントコードの順に配置するようにしてください。

次のステップは?

タグパラメータとクッキーの詳細やオプションのエンハンスドマッチを有効にする方法を確認しましょう。どちらも希望しない場合は、Pinterest タグを認証してください。

ヘルプが必要ですか?
お問い合わせはこちら