ウェブサイトを認証することで、ウェブサイトから公開したピンのアナリティクスや他のユーザーがあなたのサイトから作成したピンのアナリティクスにアクセスできるほか、他のユーザーにもっとたくさんあなたのコンテンツを見てもらうことができます。あなたのサイトや Pinterest アカウントの「フォロー」ボタンから保存されたピンにはあなたのプロフィール画像が表示され、プロフィールページの自分のウェブサイトの URL の横に「 チェックマークの付いた地球 」アイコンが表示されます。認定ショップの場合、「青いチェックマーク」が表示されます。認証済みアカウントまたはクリエイターの場合、「赤いチェックマーク」が表示されます。

1 つの Pinterest アカウントにつき複数のウェブサイトを認証できます。そのウェブサイトはセカンドレベルドメイン(例:example.com)、サブドメイン(例:ads.example.com)、またはサブパスドメイン(例:example.com/uk)である必要があります。セカンドレベルドメインとは、ドメイン拡張子(.com、.org、.net、など)の左側にあるドメイン名です。サブドメインは、ドメインをさらに細かく分割したものです。これらのサブドメインはドメインの一部となります。メインページの拡張版です。最後に、サブパスドメインはウェブサイトにおいて、サイトが適切に構成され、すべてのページ、URL、商品が適切な場所に属することを保証する一つの方法です。例えば、前述の例「example.com/uk」では、米国のサイトではなく英国のサイトに戻ります(/uk から移動した場合にこうなります)。

注:サブドメインがセカンドレベルドメインと同じ場所を経由している場合を除いて、Pinterest のシステムではそれぞれ別個のドメインとして処理します。ウェブサイトの認証はあくまで、デスクトップパソコンまたはノートパソコンを使用して行います。

Etsy などのオンラインストアは、ウェブサイトやドメインのホストではなく、オンラインのマーケットプレースのアカウントまたはソーシャルアカウントと見なされます。

始める前に
  • 自分/自分のビジネスがセカンドレベルドメイン(例:example.com)、サブドメイン(例:ads.example.com)またはサブパスドメイン(例:example.com/uk)を所有していることを確認します
  • HTML タグをウェブサイトに追加するか、ウェブサイトに HTML ファイルをアップロードするか、あるいはウェブサイトに DNS TXT レコードを追加するか、いずれの方法でウェブサイトを認証したいか選択します
  • HTML タグをウェブサイトに追加する

    HTML タグはウェブページのコンテンツを説明するテキストです。HTML タグをウェブサイトのソースコードに追加し、Pinterest が認証したいウェブサイトの所有者を確認できるようにする必要があります。ウェブサイトのホストによってソースコードにアクセスする手順が異なることに注意してください。

    1. Pinterest のビジネスアカウントにログインします。
    2. 画面右上にある「下向きの山括弧アイコン」をクリックしてメニューを開きます。
    3. 設定」を選択します
    4. 左側のナビゲーションで「認証済みのアカウント」をクリックします。
    5. ウェブサイト」の横にある「認証」をクリックします。
    6. HTML タグを追加する」の横にあるボックスのテキストをクリックしてコピーします。
    7. 続行」をクリックします。
    8. ウェブサイトの URL をボックスに入力してから「確認」をクリックします。
    9. あなたのウェブサイトの index.html ファイルを開いて、<body> セクションの前の <head> セクションにタグを追加します。この手順はご利用のウェブサイトをホストしているサイトによって異なります

    確認」をクリックした後で、Pinterest が HTML タグをチェックしてあなたのウェブサイトであることを認証します。認証が完了したら、ウェブサイトのソースコードから HTML タグを削除してもかまいません。Pinterest の設定でウェブサイトに変更を加えた場合のみ、認証が無効になります。

    ウェブサイトに HTML ファイルをアップロードする

    HTML ファイルには、ウェブサイトの構成の形式を整えるのに使用されるハイパーテキストマークアップランゲージ(HTML)が含まれています。標準的なテキスト形式で保存され、ページレイアウトや、テキスト、表、画像、ハイパーリンクなどのページのコンテンツを定義するタグが含まれます。Pinterest からこのファイルをダウンロードしてから、ウェブサイトのウェブサーバーにアップロードします。ウェブサイトのホストの手順に従って HTML ファイルで HTML コードをアップロードします。

    1. Pinterest のビジネスアカウントにログインします。
    2. 画面右上にある「下向きの山括弧アイコン」をクリックしてメニューを開きます。
    3. 設定」を選択します
    4. 左側のナビゲーションで「認証済みのアカウント」をクリックします。
    5. ウェブサイト」の横にある「認証」をクリックします。
    6. HTML ファイルをアップロードする」で「ダウンロード」をクリックしてから「続行」をクリックします。
    7. ウェブサイトの URL をボックスに入力してから「確認」をクリックします。
    8. ウェブサーバーのルートフォルダにこの HTML ファイルをアップロードします。この手順はご利用のウェブサイトをホストしているサイトによって異なります(Pinterest からアクセスできないため、サブフォルダにアップロードしないでください)。

    確認」をクリックした後で、Pinterest が HTML ファイルをチェックしてあなたのウェブサイトであることを認証します。認証が完了したら、ウェブサイトのソースコードから HTML ファイルを削除してもかまいません。Pinterest の設定でウェブサイトに変更を加えた場合のみ、認証が無効になります。

    ドメインホストに DNS TXT レコードを追加する

    Domain Name System(DNS)レコードにはウェブサイトに関するテキスト情報が含まれ、リクエストに対してサーバーがどのように応答すべきか説明する指示として機能します。TXT レコードをウェブサイトの DNS に追加し、Pinterest が認証したいウェブサイトの所有者を確認できるようにする必要があります。

    1. Pinterest のビジネスアカウントにログインします。
    2. 画面右上にある「下向きの山括弧アイコン」をクリックしてメニューを開きます。
    3. 設定」を選択します
    4. 左側のナビゲーションで「認証済みのアカウント」をクリックします。
    5. ウェブサイト」の横にある「認証」をクリックします。
    6. TXT レコードを追加する」の横にあるボックスのテキストをクリックしてコピーします。
    7. 続行」をクリックします。
    8. ウェブサイトの URL をボックスに入力してから「確認」をクリックします。
    9. ドメインホストにログインして、Pinterest からコピーした TXT を DNS レコードセクションに貼り付けて保存します。ドメインホストで必要とされる場合は「ホスト」に @ を追加して、変更が反映されるまでお待ちください。これは通常数分間で終わりました、場合によっては最大 72 時間かかることがあります。
    ウェブサイトの各プロバイダごとの手順
    ホスト 手順
    Big Cartel HTML タグ
    BigCommerce HTML タグ
    Blogger HTML タグ
    Bluehost HTML ファイル
    Etsy Pinterest の設定
    FatCow HTML ファイル
    GoDaddy HTML ファイル
    HostGator HTML ファイル
    HostMetro HTML ファイル
    iPage HTML ファイル
    Prestashop HTML タグ
    StoreEnvy HTML タグ
    Shopify HTML タグまたは HTML ファイル
    SiteGround HTML ファイル
    Squarespace アカウントをリンクする
    Tumblr HTML タグまたは HTML ファイル
    Volusion HTML ファイル
    Weebly HTML タグ
    Wix HTML タグ
    Wordpress HTML タグ 
    YouTube Pinterest の設定
    Zenfolio HTML タグ
    Pinterest ビジネスコミュニティで、他のクリエイターと交流しましょう! コミュニティに参加
    End of Other articles Links
    ヘルプが必要ですか? お問い合わせはこちら
    User feedback
    この記事は役に立ちましたか?

    collection_fields

    より良い記事を作成するために、ご意見をお聞かせください。